子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(45)遺伝

もし、仮に、あなたがゴリラのような顔だとしましょう。あなたのパートナーもゴリラ顔。すると二人にできた赤ちゃんはゴリラ、人間、どっち?

もちろん、人間ですよね。なぜでしょう。ヒトのDNAを継承して生まれてきたから。これが遺伝です。

運動が得意なのはパパの遺伝だから…。オヤジがハゲとるから…。こうした微々たる差異は人間としての要素のどれほどを占めるんでしょうね?99.999999%?私たちは遺伝子的に同じ。

よく聞かれます、親が私でも子供は東大に入れますか?頭の良さは遺伝と関係あるの? 私も、かつては、ある学者の言のままに遺伝60%なんて言っていましたが、今はもっとていねいに説明しています。個人の能力は遺伝的要素があります。身体的能力や身体的特徴などに現れることがよくありますよね。

でも、知的な行動はどうでしょう、さまざまな要素が複雑に関連しあっていますから、遺伝的要素は少ないと言えるでしょう。もちろん、小説家の娘が、小説家なんてこともありますが、多いことでもないですし、環境がもたらしたと考える方が自然です。

脳の能力の顕在化(脳の持つ可能性をどれだけ引き出せるか)は約10~20%、訓練により向上することは確認されています。遺伝を気にするより、いかに脳の能力を引き出すか=脳の機能を高めるか、そんな環境をどう調えるか、が大切ですよ。

ツイート2011/07/05

2011.07.05

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ