子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(48)好奇心

好奇心の旺盛な子はいいですね。さまざまな事柄に①関心を持ち、②驚いたり、感心したり。③「なぜ」を考えることも多いことでしょう。考えてもわからないと④大人に尋ねたり⑤自分で調べたり。

①は入り口、特に短期記憶を司る海馬が働きます。②では海馬の隣の扁桃体が活発に活動し、海馬の働きをサポート。③は、前頭前野が本領発揮、④⑤は言語連合野を中心に大脳を活発に働かせることに。つまり、好奇心が旺盛だと脳への刺激の量が増え、脳が活性化し、脳の機能が高まる。

では、どうすれば?

まず、好奇心の幅を広げてあげましょう。子供の好奇心は元来、偏りが強く、狭い範囲だけに向けられます。

基本は、「ほら、きれいね」「あっ、おもしろそう」などの言葉かけで、子供を誘導。

ここで大切なことは、親がへこたれないこと。100回の誘導で子供が乗ってくるのは多くて2回。3回以上なら奇跡と考えましょうね。広げるのは4歳くらいから。挫けずにがんばりましょう。

ツイート2011/07/21

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ