子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(111)地理

中高生と話をすると地理、特に世界地理の知識が、人によって大きな差があることに驚かされます。受験で詰め込んだわけでもないのに、総じて、成績上位の子たちは知識豊富。この差はいったい、何から生じるのでしょうか?

歴史と違って地理には、時系列やストーリー性があまりありません。ですから、歴史や数学のようにわかってくると面白い、とか、国語や英語のように文章の内容・題材に興味を感じて…などはほとんど期待できません。

また、一般的に、興味/関心がないこと、興味/関心を持ちにくいことは記憶に残りにくい、と皆さんも経験的にお分かりだと思います。脳生理学的にもその通り。つまり、地理には興味/関心を持たないと覚えるのに苦労する、ということ。

地理は受験に関係なかったし、別にスリランカの首都(スリジャヤワルダナプラコッタ、コロンボから遷都)なんか知らんでもエエし!って、その通りです。でも、地理的なセンスがあれば視覚イメージが記憶の定着に寄与し…。

いや、たとえ、世界に羽ばたかない未来であっても、脳を鍛えるために大切なことは「知らないことがあったら、そのままにしない」っていう知的環境です。

まずは、リビングに、地図帳(中高生が使用するので十分)を置きましょう。

テレビでニュースを見ながらの家族での会話。                                                「スー・チーさん40年ぶり訪米?」                                                                  「クリントンさん、肥えたなぁ」                                                                        「スー・チーさんのミャンマーは昔のビルマ?」                                              「ラオスちゃう?」                                                                                               「ミャンマー/ビルマ/首都ラングーンやろ?」
「首都ヤンゴンちゃう?」                                                                                          「昔のサイゴン?」                                                                                              「それはベトナム」                                                                                              「ハノイってどこやった?」                                                                                      「ほらぁ。こんなとき、サッと地図を出せるのが『子供を伸ばす』知的環境ちゅうモンやで」                                                                                                               「って言うか、スー・チーさんってマラソンの有森に似てない?」

ツイート2012/09/22

2012.09.22

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ