子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(112)疑問を放置?

前稿(111)地理で、「知らないことがあったら、そのままにしない」と述べましたが、もちろん、すべてのことを知ることはできません。何とかすれば、答を見つけられそうなことをそのままにしない、を第一の基準に考えてはどうでしょう。

最近、私の家庭でよくあるのが、この人、いくつやろ/どんな経歴やろ?と芸能人、政治家、評論家などについての疑問をインターネットで調べること。機動力の高いスマホの登場で可能になったことですが、これって脳にプラス?

疑問を持つことは大切、と考える大人が多い影響か、最近の子は、つまらない質問を唐突にしてきます。先生、いくつ?何でそうなん?何でせなアカンのん?何で、何で、何で?知らなくても、わからなくても、そのままにしていいこともありますよね。

そこでもう1つの判断基準として提案したいのが、脳の多重知性フレームという概念です。知性は総合的ではなく、6~8の知性が並列階層的に成立。脳の複数領域への刺激が脳の総合的機能を高めることにつながる、という理論。

その知性フレーム(枠)をわかりやすくざっくりまとめると学校の科目、国語(外国語も含む)/数学/社会/理科/音楽/体育に。つまり、学校の教科と関係がありそうな疑問を考える・調べる・答を求める(努力をする)などは脳にプラス。

学校の教科と関係ある、ないが第2の基準でいかがですか。もちろん、教科と関係なくても大切なことや、答えてやった方がいい、と質問を受けた大人が判断すれば、ちゃんと対応してあげてくださいね。基本的に興味を広げる、は脳にプラスです。

◆◇◆◇◆◇

追加:ゴメンナサイ。脳の多重知性フレームには絵画的知性も含まれるので、美術/図画工作に関する興味も脳にプラスです。ハイ。失礼

ツイート2012/09/22

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ