子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(125)しりとり

あまりに一般的で、幼児部のトレーニングに組み入れていないのが、しりとり。脳の言語野だけでなく、脳のさまざまな領域を使うことになります。例えば、「リス」とパスされると「す」の付く言葉が、頭に映像で浮かびませんか。

スイカ、水筒、スズムシ、スルメ、スカンジナビア半島、スージー・クワトロ(誰や?)…言葉の連想とともに、イメージが頭に浮かぶはず。写真よりイラストの方が多くないですか。人物は写真かも。でも、背景はボンヤリしてるんじゃないかな。

つまり、速く処理しようとすると、余計な部分は削られていく。イメージ力、直感判断力、絵画認識力、そして、捨像。しりとり遊びで、脳を鍛えるポイントは速く処理すること。でも、そこは、ほどほどに。過度な緊張はマイナス効果。

とにかく楽しんで。ゲーム感覚になると、勝つために(負けないでおこうとして)集中力を高めたり、さまざまな工夫を積極的にしたり…。いろんなルールを加えて、可能なら、家族を超える大人数で楽しんでほしいなぁ。

2012/12/18

2012.12.18

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ