子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(159)早期教育

長年幼児の教育に携わっていますと、「幼児教育はよくない、って知っとう?」などと息巻かれたことが何度かあります。人のやることを知りもしないで非難する「おかしな」人とは関わらないのが一番ですが、情報の混乱があるのも事実。

早期教育、幼児教育、療育などがごっちゃに理解され、混乱を招いています。幼児教育とは幼児に施す教育ですから、乳児から就学前児童、小学低学年を対象とする知的活動の指導です。家庭のしつけも幼稚園での遊びや遊戯も幼児教育です。

療育は発達に障害をもつ子供になされる医療と保育。早期教育という言葉が混乱と誤解の元凶です。たとえば、3歳から体操を始め、練習を積んできた才能あふれる小学生がF難度の次にG難度に取り組むのは、誰も早すぎるとは考えない。

ところが、初心者がいきなり高難度の技の練習するのは危険。年齢に関わらず、基本から始めることが常識では?一方、学習では平気で飛び級をする指導者(業者)がいます。数の概念に慣れ、増える減るに気付き、違いが分かり…

そんな段階を経ず、1+2=3、1+3=4、1+4=5、などと暗記させる。また、フラッシュカードなどを用いて、幼児に大量の文言を覚えさせる。こうした、詰め込みや過剰刺激が、ストレス過多を招き、刺激への感受性を鈍らせます。

学習を楽しく感じられなかったり、拒否反応を抱かせたりするだけでなく、これらが脳や心にもたらす、さまざまなトラブルも報告されています。危機感を持った学者やマスコミが、そうした指導に警鐘を鳴らすのですが、一部から効果があった(プラセボ?)、という声も聴かれ、息の根が絶えない。

幼児教育は良くも悪くもない。早期教育は段階を踏んだものであれば問題ないが、幼児には詰め込みや過剰刺激はよくありません。

チャイルド脳伸学園は、脳科学やニューロサイエンスに則り、発達段階に応じた、個々に応じた最善の指導を提供しています。最近、広告めいたコメントが多くて、ちょっと恥ずかしいですが…

ツイート2013/08/30

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ