子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(188)微細運動

赤ちゃんが生まれた後、脳は運動野=頭頂葉から盛んに活動し始めます。手や足をばたばたさせたり、寝返りをうったり。これが粗大運動。腕や足、胴の大きな動き。それが微細運動へとつながります。微細運動は指先での細かな作業のこと。神経系に着目して、巧緻性と言うこともあります。

大から小へ、さらに細かな動きへと発達していきます。ですから、まだ、かけっこしたり、跳んだりできない幼児に、無理やりお箸や鉛筆を持たせたりするのは考え物(自らやりたがるならOK)。

微細運動も大きなことから。いろんな物を握る、つまむ。

水遊び、砂遊び、粘土遊びは幼児の3大筋トレ。

それから描く。段階に応じて、クレヨン、クーピー、色鉛筆と筆記具を変えて、より多彩なタッチで、細かな表現ができるように。

手は末梢神経が集中しており、第2の脳などと言われます。微細運動を鍛えることで、多くの刺激を脳に与えることができますよ。

もちろん、遊びの中で伸ばしてあげてください。

粗大を鍛えることも、お忘れなく。

ツイート2014/05/23

2014.05.23

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ