子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(211)揶揄

揶揄(やゆ)というのはバカにしたようにからかうこと。拙稿209で何の説明もなく記したので追記することに。

ええ、子供を揶揄してはいけませんよ。

例えば、5歳男児が上着をうまく着れなくて、マゴつく。ゴネゴネ、もひょもひょ。ママが手伝おうとしても断固拒否し、イライラ・オーラ全開。するとそばにいるパパが状況を打破しようと、ユーモア感覚を駆使し、駆使し、駆使し、一喝、

「おまえはウシか?」

し~~~ん。

子供が泣き出し、何言うてんのん?とママが切れる。

こんなことで泣いたり凹んだりせず強くなれ、笑い飛ばせ、明るくオモロい男になれ。そんなパパの気持ちは十分理解できます。でも、でも、子供を揶揄することは効果が低い。

できない自分を卑下したり、コンプレックスを抱いたり、時には、親に反感を持ったり、トラウマになったり。

言語能力が低い頃(8歳くらいまで?)は子供をバカにしてはいけない。一方、ユーモアも身に付けてさせようとするのは、とても意義あること。笑いのメリットは精神医学では様々に語られる。

でも、揶揄、からかいは子供には難度が高過ぎ、対費用効果があまりにも低い。

子供の知的成長には、穏やかにストレートな表現で接したほうが効果が高く、リスクが少ない。

だから、子供を揶揄してはいけません。

ツイート2015/02/18

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ