子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(220)音読

頭を使う、というのはいろんなパターンがあります。

1)暗記する・計算する、

2)難問を考える・練る、

3)絵や音楽を鑑賞する、

はすべて頭を使いますが、使い方が違いますよね。

一時ブームになった音読は1)暗記や計算の仲間で脳の一部を強く活性化=血流を上昇させます。血流を高めるだけでは脳にプラスとは言えませんが、音読ではデータのやり取りがありますから、

子供たちには神経回路ネットワークのレベルアップ、

高齢者には不使用による衰退防止

などのメリットがあります。

また、音読による脳の活動領域はとても広いことが確認されています。

視覚域、聴覚域、イメージへの転換、漢字かな混じり文特有の視覚野+前頭葉の連合、言葉の意味を検討する前頭葉、記憶を探る大脳辺縁系&海馬、発音する際の運動野、内容によっては感情に関する部位(扁桃体など)も刺激されます。

このように、音読は、脳の非常に広い範囲を活性化させるそうです。脳の多領域の有意義な活性化。間違いなく脳にプラスです。

でも、デメリットがあります。

しんどくて楽しくない。

読む内容は別として、発声すること自体は楽しくない。疲れる。だから、ストレスになり、ドーパミン好循環につながらない。

一方、音読は言語的知性の発達には欠かすことのできないトレーニングでもあります。

言語習得初期の段階では耳-口のトレーニングが欠かせないのは、外国語も日本語も一緒。だから、小学校低学年や外国語のビギナーには不可欠。

音読は楽しい雰囲気を作り、ストレスにならない範囲で行えば、脳力アップに非常に有効ですよ!

ツイート2015/06/08

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ