子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(237)あきらめる

私はうまく持てないのですが、子供には正しく箸を持たせたい、どうすれば?4歳男児のママからの相談。

ネットで動画をチェックすることを提案したり、私の経験[拙稿(149)諭す]をお伝えしたり・・・。

でも、最終的に「あきらめましょう」と。

見せて、真似させて、できたらほめる、が指導の基本。ママはゴミ屋敷の女王だけど、あなたは片付け上手になりなさい、は不可能。ママが努力して何とか克服して見本になる、はある意味、理想だけど現実味が乏しく、多大な努力が必要。私が矯正できたのは、日本人のプライド?と逃れがたい粘着質の上司という大きな動機があったから。

後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり、やトリプルアクセルとかじゃなくて、

多くの人ができる当たり前のことで自分にできないことを、子供に強要する、または、期待するのは親や年長者に対する不信感につながることも。

だから、この件は、あきらめましょう。

手の強さや器用さは大切。でも、すべてにパーフェクトを求める必要はありません。

難しい環境があれば、あきらめて別のことにエネルギーを費やしたほうがいい。こういうのを流行の教育経済学的思考、って言います。

ツイート2015/11/19

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ