子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(246)黙ろ~

ロボット教室の元締め(フランチャイザー)のスタッフが授業内容見学に。各教室のチェックかな?

ロボット教室では、私は黙っている。みんな黙々と作るので。

各自にテキストを配付した後は黙って生徒を見守る、無言でパトロールだ。
時々、困っている子にアドバイスしたり、読み直すべきテキストのピンポイント(読み直せ、だけでは動かない)を指示したり。

時には抜いたりはめたりの力仕事代行。でも、基本は黙っている。たまにはギャグをかます。不埒な輩は叱る。

ところが、元締めのチェッカーは違っていた。数分は黙っていたが、ここはこうだよ、ああだよ、と生徒に声かけまくり。

どうすべきかと悩み苦しんだ子供は彼の忠告に救われ、乗り越えがたいと諦めかかっていた壁を打ち破ることだろう。でも、子供たちは悩んでもいないし、苦しんでもいない。まして、順調に取り組んでいる子や次の戦略を練る子に声をかける必要などない。

元締め的には、手厚いサポート=良い営業努力、なのかもしれないなぁ。

子供が集中しているとき、声をかけないほうがいい。

その一言がなければ、その子は自分で打開策を見つけるかもしれない。

がんばってるね、の言葉が彼の集中を乱しているかもしれない。

それに、ヘルプなしにひとりで達成した方が報酬も多い。黙ろ。見守ろ。

ツイート2016/02/19
※報酬も多い=報酬系ホルモンの分泌量が多い

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ