子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(275)わかりません

中学入試は、1月本番目前で緊張する日々が続きますが、今年の小学校受験は神大附属発表で終了。

小学受験のある指南書に、興味深い記述に目が留まりました。

面接では「わかりません」と言うな、と。
「はい」「いいえ」を明確に伝えることは、面接練習の基本ですから、疑問を感じつつ、読み進めると、

①安易に「知りません」「わかりません」と即答すると印象が悪い、

②何かをひねり出して、何かを言え、とかなり強引な論法です。

でも、ここには頭脳開発的要素が含まれています。

「考えること」の大切さを知っているご家庭か、「考えること」を厭わぬ子供か、「考えること」が良い結果をもたらすことを体得している子供か、そんなことが試されているとすれば…。

「考える」ことの大切さを簡単に申せば、

1.場当たり的な対応よりも考え、吟味した行動の方が成功する確率が高い

2.だから、考えることと成功がリンクされ、考えて行動することが習慣(反射)化される

3.すると、考える=脳を使う機会が格段に増え、多くの刺激を受けることになる

4. 脳の発達につながる

最近、頭を使うことを邪魔臭がる、小・中学生がとても多いように感じます。どうすれば「考える」子供に成長するか、私たちも皆さんも考えていきましょう。大人、特に、親の考える姿勢は子にリレーされます。

安易に「知りません」「わかりません」と言わせないことは案外、プラスになるかもしれませんよ。

ツイート2016/12/14

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ