子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(282)優しい眼差し

子供を優しく見つめる母親の眼差し。子供に、愛されているという自信をもたらし、他者への慈愛を育むキラーパス。子供を優しい眼差しで見守ることはとても大切なことです。

でも、時には、これがマイナスに作用することもあるんですよ。子供が夢中で遊んでいる時、目の前のことに集中している時、何かに積極的に取り組んでいる時、安易に声をかけることが集中力をそいでしまい、楽しさやパフォーマンス、作業効率をレベルダウンさせることはよく知られています。たとえ、ほめ言葉であっても、集中の度合いは下がります。

がんばってるね、いい感じだね、楽しそうね。そんな言葉を必要とするのは、実は、その逆の場合。ちょっと崩れた時に応援が必要なんです。

でも、見られることも、集中力の妨げになることがあります。

ママにじっと見られることをむずかる子や嫌がる子は、大好きなママに見つめられて恥ずかしいのかもしれません。単に見られていることに緊張し、そのストレスを感じているのかもしれません。文句を言われそうという経験が導くものかもしれません。内向的な子なら、居心地の悪さを表情や態度でアピールするだけでしょう。ママに微笑を返し気分転換するかもしれません。成果を見せて暗にほめてくれることを求めるかもしれません。

子供を優しく見守ってほしい。でも、集中している時は、見て見ない振り、も大切。

ツイート2017/02/24

2017.02.24

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ