子供の可能性は無限大、難関小・中学受験 チャイルド脳伸学園 垂水校

電話番号:078-709-5885
【受付時間】月 - 金 / 11:00-19:00、土 / 9:00-17:00 日祝休

脳教育コラム 子供の脳を鍛えよう

(315)南京玉すだれ

facebook友達の投稿。「自宅で、『南京玉すだれ』の稽古。同じことをしたければ…」と乾麺の銘柄指定?? あれぇ~?

写真を見て思った。最近の子供たちは失敗することを恐れたり、嫌ったりすることがとても多い。どうしてだろう。

うまくいかないとイヤだから、しない。できることだけしておけばいいじゃん。嫌なことをするとストレスになる。ストレスは記憶力を低下させる。イヤイヤしても脳内にノルアドレナリン出現で、たとえ成功してもメリットなし、って誰かが言っていた(私も言ったよ(-.-;)。

でもね。泳げなかったキミが5m泳げたら、きっとうれしいよ。そのうれしさを糧に10mにチャレンジして、乗り越えたら、もっともっとうれしいよ。

大人は子供にチャレンジさせないと。その気にさせないと。失敗をしたら、ここが良くなかった、と分析してやるんだ。ここをこうすれば、今度はうまくいくよ。励ましてやろう。

失敗しそうなこと、嫌なこと、それがやる価値がなければする必要はない。でも、やらねばならないことは子供のストレスが小さくなるように応援してやろう。ハードルを低くしてやるんだ。ストレス耐性を伸ばせば可能性が広がる。

10.5歳までに、屁タレのぐうたらになるか、前向きなチャレンジャーになるかが決まる。前頭前野の脳内神経回路が完成する、その頃に行動パターンが決まってしまう。

乾麺ブチ撒けたぐらいで屁たるな。南京たますだれの稽古しとってん、ってみんなに言うたら受けるやろなぁ~と前向きに考えよう。受けたら、嬉しゅうてドーパミン大量分泌!。ドーパミン好循環でキレキレの天才!

失敗を怖がるな、失敗したら、南京玉すだれを思い出そう!

ツイート2018/05/09

 

 

コメントは受け付けていません。

電話するお問合せ・無料体験申込↑ Page top

お 問 合 せ ・ 無 料 体 験 申 込

このペーシの
トップへ